ウーマン

賃貸事務所は購入せずに賃貸で|コストを抑えて健全経営

事務所選びのコツ

男女

2種類の物件がある

事務所をオープンする場合、まずはそのための物件が必要です。物件としては分譲物件と賃貸物件があり、それぞれに異なる特徴があることを知っておくと良いです。まず分譲物件の場合は、その物件を購入するため、会社の自社物件となります。購入方法は一括払いとローン払いがありますが、いずれにしても、その会社の経営が長く続くほど賃貸物件に比べて得になります。また、自社物件の大きなメリットとして、リフォームの制限がなく、必要とあればどのようなリフォームも可能です。さらに、場合によっては売却する事も出来ます。一方、事務所として活用出来る賃貸物件は貸事務所などと呼ばれ、その多くはビルの内部にあります。そういったビルは、駅や幹線道路などに近い場合が多く、基本的に立地条件悪くありません。また、賃貸であるために解約すれば別の貸事務所や自社物件に移転する事が出来るので、いずれは引っ越す事を前提とする場合に便利です。

地域の特徴を把握する

事務所を新規にオープンする場合、まずはいつでも移転が可能で、初期コストが安い貸事務所を選択する会社が多いです。物件選びにおいて大切なのは、貸事務所として利用可能なフロアや部屋があるビルの立地条件で、会社にとってメリットが得られる地域や立地条件のビルを探しましょう。そこで、新大阪駅周辺の貸事務所を例に挙げてみましょう。新大阪駅は新幹線の停車駅で、東京や福岡方面への電車移動が容易です。また、新大阪駅周辺は高速道路がとても発達していて、日本各地への車移動の拠点として非常に優秀です。このため、新大阪駅周辺の事務所からはビジネスにおける移動が容易で、これは様々な面で有利に働きます。しかも、全国的に知られている名前で、有名企業も多く集まっているため、地域的なネームバリューも申し分ありません。貸事務所は立地条件が大切で、このように地域的な特徴を良く把握してから物件を選ぶと、オープン後の経営に有利に働きます。